ハングルの過去形「〜았다. / 〜었다.」の「〜した。〜だった。」

  • 公開日 : 2014年02月27日
  • 更新日 : 2016年01月03日

今回はハングルの過去形を勉強したいと思います。
ハングルの過去形は「〜です。」「〜ます。」「〜아요.」「〜어요.」に語句とのくっ付き方が似ています。

 

ハングルの過去形「〜았다.」「〜었다.」

語句を過去形にするには、動詞、形容詞の語幹が陽母音なのか?陰母音なのか?で、「〜았다.」なのか?「〜었다.」なのか?が変わってきます。
 
語幹の母音が「ㅗ」「ㅏ」「ㅑ」の陽母音の場合

  • ~았다.
  • アッタ
  • 〜した。〜だった。

 

語幹の母音が「ㅗ」「ㅏ」「ㅑ」以外の母音の場合

  • ~었다.
  • オッタ
  • 〜した。〜だった。

 

となります。
 
実際に語句を過去形にしてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

「〜았다.」「〜었다.」の使用例

  • 닫다 +
  • 았다 =
  • 닫았다.
  • タクタ
  • アッタ
  • タタッタ
  • 閉める
  •  
  • 閉めた。

 

  • 씻다 +
  • 었다 =
  • 씻었다.
  • ッシッタ
  • オッタ
  • ッシソッタ
  • 洗う
  •  
  • 洗った。

 
また、動詞、形容詞と過去形にする「〜았다.」「〜었다.」がくっ付く時、語幹の母音と「〜았다.」「〜었다.」の母音が結合する場合があるようです。
 
 

語幹と「〜았다.」「〜었다.」の結合例

  • 가다 +
  • 았다 =
  • 갔다.
  • カダ
  • アッタ
  • カッタ
  • 行く
  •  
  • 行った。

 
結合する語句は、語幹にパッチムがなかったり、二重母音でない場合、結合しているようです。
※これは僕調べによるもので、例外があるかもしれません。

 
 

過去形をていねいに言いたい!

「〜았다.」「〜었다.」を付けただけでは、会話として不十分な時が多いと思います。
そこで文末表現を加え、「〜でした。」「〜ました。」と言い換えたいと思います。
 
「〜아요.」「〜어요.」を加えた「〜でした。」「〜ました。」の場合

  • 씻었다. +
  • 어요 =
  • 씻었어요.
  • ッシソッタ
  • オヨ
  • ッシソッソヨ
  • 洗った。
  •  
  • 洗いました。

※「씻었다」語幹が陰母音で終わっているので、「어요」がくっ付きました。
陽母音の場合は、「아요」をくっ付けます。

 
「〜습니다.」「〜ㅂ니다」を加えた「〜でした。」「〜ました。」の場合

  • 씻었다. +
  • 습니다 =
  • 씻었습니다.
  • ッシソッタ
  • スンミダ
  • ッシソッスンミダ
  • 洗った。
  •  
  • 洗いました。

※「씻었다」語幹がパッチムで終わっているので、「습니다」がくっ付きました。
語幹にパッチムがない場合は、「ㅂ니다」をくっ付けます。

 
韓国に来て毎日勉強し始めて、ようやく日本で読んでいた本や、ネットに書いてある事が理解出来るようになってきました。
逆に言えば、今までは見ても何も分かっていなかったようです。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※2015年12月31日にURLを変更した為、SNSボタンの数はリセットされております。
旧URLでシェアやリツイート等していただいた場合、新URLにリダイレクトされます。ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

hangul_45

ハングルノートの記事を
いいねと思ったら

最新情報をお届けします

ツイッターでも最新情報配信中

LINE@の友だち募集中

友だち追加

あわせて読んでいただいている記事


TOP