wpXにサーバー移転!NginxでWrodPressサイトの表示速度が高速化!

  • 公開日 : 2016年09月03日
  • 更新日 : 2019年06月30日
スポンサードリンク

どうも!韓国語を勉強しているハングルノートの加藤(@hangulnote)です。

 

韓国語の勉強を初めて約4年。
未だに韓国語は話せませんが(笑)勉強をしたことをメモ代わりに書き続けたこのブログが1日1万PV、月間25万PVを超えるまで成長してきました。

 

ですが、アクセスが増えるとサーバーが不安定になり、停止などの不具合にも見まわれ、これはもっと良いサーバーに移転しないとブログが続けられない!と追い込まれました。。

 

どのサーバーに移転しようか約半年間くらい見比べた結果、エックスサーバー株式会社が運営する「wpX(ダブリューピーエックス)クラウド」に移転することに致しました。

 

初めは選択肢になかったのですが、8月17日にSSL対応、8月18日にNginx導入のニュースを聞きつけ、これは利用してみたい!と思いすぐにサーバーの移行作業に入りました。

 

そして、サーバーを移転した結果、サイトは安定して表示されるようになりましたし、WrodPressの高速化がされ、表示速度が格段に向上しました!

 

導入した経緯と、旧サーバーとwpXサーバーのサイトの表示速度の比較をご紹介いたします。

 

安いには理由がある!サーバーの不安定・停止

基本的にブログは毎日更新するようにしており、そうすると色んな方々に見ていただけるようになってきました。
その経緯を昔書きましたので気になる方はお読み下さいませ。


 
そして、1日1万PVを超えるようにもなってきて、サイトも成長してきたな〜と喜んでいるのもつかの間。。
 
このサイトにアクセスできません。サイトが表示されない?!サーバーの不安定・停止。
 
えっ!なんで?!
サイトにアクセスしてもサイトが表示されない!!
 
あたふたして再度アクセスしてみると、何事もなかったように表示されました。。
ただその後も、表示されたり、表示されなかったり、、、
 
ほかのサイトの表示は全く問題ない。。
私のサイトだけ。。
 
ん?こ・・これは・・・?
 
サーバーが不安定。。?!
 
利用していた旧サーバーは、1日のデータ転送量の上限の表示はありませんでしたが、多い場合は制限するという記述があり、もしかしたら制限されたのかもしれません。。
 
そういえば過去にも旧サーバーは問題がありました。
稼働率99.99%以上の安定稼働という素晴らしい文言をうたっておりましたが、、、
 
稼働率99.99%以上の安定稼働という素晴らしい文言をうたっておりましたがサイトが2,3時間も表示されない不具合発生
 
なんとサーバーが2,3時間も停止!これは大問題です。。
このままではせっかく見に来てくれた方が、このサイト表示されないからもう見な〜い!となってしまいかねない。。
 
サーバーが不安定、99.99%の稼働率ではないサーバーから移転をしなければ!と決心を致しました。
 

旧サーバーにはWEB業界に入る前から何年も大変お世話になりましたので、いちお名前を公表することは控えさせていただきます。

 
 

サーバーを比較!決め手はSSL化とNginxのWEBサーバー

サーバーは、どこに移転したら、安定して表示してくれるのか。サイトの高速表示をしてくれるのか。
 
私のサーバーの希望は3つ。「安定」「高速表示」、そして一番大事な「費用」
それなりのサーバーを求めて、高くても年間5万前後までと考えました。(SSLサーバ証明書込み)
 
安定したサーバーは、やっぱり「さくらインターネット」さんや「エックスサーバー」さんが間違いがないですね。
WEBデザイナーとして仕事をしている時によく利用しているサーバーです。
 
基本はここをベースに考えました。
 
サーバー内部に詳しければ、クラウドサーバー「Amazon EC2(AWS)」などの変更も考えますが、私のミスでサーバーが不具合を起こしそうですし、何かあっても自分で対応ができるのか不安。費用がどこまでかかるのかも不安。
そのためにサーバーの知識が必要そうなクラウドサーバーはまだ手を出すのはやめておきます。
KUSANAGIは利用してみたい!笑)
 
その他、私の中で最終候補まで残ったサーバーをご紹介します。
 

安くはないが、安定・高機能サーバー「CPI」

CPIレンタルサーバーは、費用はそこそこかかります。
ですが、業界的には安定・高機能で定評のあるサーバーではないでしょうか。
 
ぜひ利用したいと思ったのですが、レンタルサーバー+SSLサーバー証明書で、費用が私の上限を超えてしまいます。。
も・・もっとお財布に余裕ができたら利用したいと思います。。残念。。
 
 

安定と高いセキュリティーの「シックスコア」

月間100万PVも全然耐えられる、安定したサーバーシックスコア」。利用している方を知っていたので、すごく興味を持っておりました。
突然のアクセス増加にも耐えられる安定したサーバーで候補の一つでした。
 
 

大容量・MySQL無制限の「X2(エックスツー)」

シックスコアと同じくエックスサーバー株式会社が運営している「100GB無制限レンタルサーバー【X2】」。容量ももちろん多いですし、なんといってもマルチドメイン、MySQLなど全て無制限と、このブログ以外にも他のサイトもたくさん立ち上げることができますし、仕事でテストサーバーとして利用するにはもってこい!
 
どれも本当に気になる・利用したいサーバーばかりでした。。
 
 

WordPress専用のwpXレンタルサーバー・wpXクラウド

その中で私がこれだ!と思ったのが、初めにもお伝えした「wpX(ダブリューピーエックス)」です。
調べ始めた時は、まだSSL対応しておりませんでしたし、本当にどこまで早くなるのか分からず、利用したことが無いため選択肢からは外しておりました。
 
しかし、独自SSLに対応したニュースと共に、Nginx(エンジンエックス)というWEBサーバーを導入したという情報が入ってきました。
まず、私はサーバー関連に詳しくないのでNginxの事を調べましたが理解できませんでした!(笑)ただ、Nginxを使ってWordPressを動かすと早く動く!(笑)とざっくりした情報なら理解できましたので、これは一度使ってみたい!と思いました。
 
また、wpXサーバーは、「レンタルサーバー」「クラウド」と2つに分かれており、簡単に言うなら複数のWrodPressサイトやメールなども使いたい場合は「レンタルサーバー」。一つしかWordpressサイトが使えず、メールも他のサーバーを利用しないと使えないけど、状況によってサーバーを引っ越さずに拡張ができるのが「クラウド」と自分の中でざっくりとわけました。
 
私の場合、アクセスが増えてもサーバーの引っ越しはもうしたくない!というめんどくさがり屋の発想で「wpXクラウド」に決めました!(笑)
 
ちゃんと言えば、WordPress以外のサイトや、確認用のサーバーとしてエックスサーバーも利用する為、wpXではこのブログのみ運営出来ればいいと考えたからです。あと、クラウドですがサーバーの知識がなくても他のレンタルサーバーと同じように使えるのも決めた一つの理由です!
 


 

そんなに難しくないwpXサーバーの移転作業

サーバーの移転については、サイト内で詳しく書かれていましたし、電話やメールで聞くことができますので、ぜひそちらを参考にしてください。
参照:wpXサイト 他社からのWordPressの移転マニュアル
 
そこまで難しくはなかったのですが、つまづいたところもあります。
 
・サイトアドレスの設定
・SSLサイトのサーバー移転
・テストサイトの動作確認

 
この3点ですかね。
 

サイトアドレスの設定

ちょっとしたことなんですが、サイトアドレスを設定する画面で「www」を付けるのか、付けないのか。(笑)
サイトアドレスを設定する画面で「www」を付けるのか、付けないのか。
 
「www」はいちいち入れなくてもわかってくれるでしょ〜。と勝手な判断をしそうになりましたが、ここはWordPressの設定ですので、移転前から「www」を付けていたり、「www」有りで表示をしたい場合は、「www」と入力する必要があります。
こんなことを電話までして聞いちゃいました。(笑)
 
 

SSLサイトのサーバー移転

旧サーバーで運営している時からSSLサーバー証明書を発行し、常時SSL化したWordPressのサイトとして運営しておりました。
 
そこで移転する前に、新サーバーのサイトの表示が、ちゃんとされているのか確認をしようとしましたが、SSL対応をしたWordPressサイトは、テストで確認することができません。
サーバー移転前にSSL対応をしたWordPressサイトは、テストで確認することができません。
 
これは大変困りました。
 
メールで質問をし解決方法を教えてくれました。
phpmyadminにログインし、「wp_options」内の1番と31番のサイトアドレスの「https://」の「s」を外して「http://・・・」に変更。function.php内でhttps設定をしていたので、それも削除しhttp://・・・でも表示するサイトに変更しました。
 
簡単にいえば、「http://・・・」でも表示するようなデータに変更してから移行しないと、テストで確認ができないということです。
 
 

テストサイトの動作確認

こちらもwpXのサイト内に方法は書かれてますので、その方法で行えばいいのですが、確認ができず大変困りました。
 
なんで?なんで?と調べた結果。
ドメインの最後に「/」をつけていたため、テストページが表示されなかったのです。(笑)
「hosts」ファイルを編集してWrodPressサイトの動作確認
 
「hosts」ファイルを利用して動作確認を行ったことがなかったので、全くわかりませんでした。(笑)
 
実際にSSL対応済みサイトの移転時は、ドメインのネームサーバーを変更後、wpXクラウドの管理画面でSSLの設定を行えば、移転できます。
切替時にSSLの設定が1時間ほどかかると表示され、その間はSSLページが見れません。私は20分くらい見れない状態がありましたが、20分以降は問題なくSSLページが表示されました。
 
 

wpXクラウドに移転して表示速度がどのくらい向上したのか?

ほんとにサーバーを変更するだけで、表示速度が変わったりするのでしょうか?
 
変更前の旧サーバーでの表示スピードをテストすることができるgoogleの「PageSpeed Insights」と、サイトの表示速度や問題点を調査できる「GTmetrix」というサイトで調査を行いました。
 
 

旧サーバーでのサイト表示をチェック

まずは、旧サーバーでのサイト表示を確認します。
PageSpeed Insightsで、モバイル・パソコンともに赤い色で評価は低いですね。。
旧サーバーでのサイト表示をPageSpeed Insightsでチェック
 
GTmetrixも変わらず表示の評価は低いです。。
旧サーバーでサイト表示を「GTmetrix」でチェック
 
よくこんな状態で運営を続けてましたね。(笑)
そこでサーバーを移転してからの状態を見てみたいと思います。
 
 

旧サーバーからwpXクラウドとの表示スピードを比較

wpXクラウドに移転してからのサイト表示と比較してみました!
PageSpeed Insightsでパソコンは17点も向上!
wpXクラウドに移転してPageSpeed Toolでパソコンは17点評価が上がった。
 
モバイルは16点も評価が上がりました!
wpXクラウドに移転してモバイルは16点も評価が上がりました!
 
GTmetrixもサーバーを移転しただけで、評価が1ランクずつ上がりました!
GTmetrixもサーバーを移転しただけで、評価が上がりました。
 
すごい!笑
これがNginxのWEBサーバーの力でしょうか?サーバーを移転しただけでこんなにも変わるんですね!
 
実際に表示の速度も格段に良くなりましたし、何より1日1万PV近くのアクセスがあっても表示に全く問題はありません。
これが何よりうれしい!
 
ただ、wpXクラウドなので、メールはDNSを変更してエックスサーバー(X10)を利用して使ってます。
そう、旧サーバーから完全移転ですね。笑
 
旧サーバー様、今までありがとうございました。
これからwpXクラウド、エックスサーバー様よろしくお願いします!



 

スポンサードリンク

ハングルノートの記事を
いいねと思ったら

最新情報をお届けします

あわせて読んでいただいている記事

皆様のコメントお待ちしております

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは非公開です。本人確認のためにご入力をお願いします。

CAPTCHA


※コメントはすぐに公開されません。
※HTMLタグと属性は使用できません。


TOP