【最新版】今の韓国旅行の流れをご紹介!(2022年9月7日〜)

  • 公開日 : 2022年09月06日

アンニョンハセヨ!
2022年7月に韓国旅行に行って、9月にも韓国旅行に行く予定の、どうもハングルノート加藤です。

2022年6月から9月にかけて、韓国旅行に行くルールが日々変わっている状況で、結局今どうやったら行けるの?!みたいに情報がごちゃごちゃしてしまいますよね。。。

そこで、2022年9月7日以降に韓国旅行に行く方用に、今の韓国旅行の流れをわかりやすく全てご紹介したいと思います!

↓それがこちら

【韓国旅行の流れ】2022年9月7日以降の最新版

この流れで韓国旅行に行けるようになります!
・・・わかりましたでしょうか?難しいですよね。。。なので、また個別にご紹介して参りますね。ぜひ最後までお読みくださいませ。

 

9月7日以降に韓国旅行に行く方の流れで、またすぐにルールが変わるかもしれません。その都度更新いたしますね!

 

YouTubeでも最新版の韓国旅行の流れをご紹介してるので、良かったらこっちも見てね!

 

スポンサードリンク

 

韓国旅行の流れをわかりやすくご紹介

今、韓国旅行に行こうと思っている方はたくさんいらっしゃると思います!6月ごろから韓国旅行の情報をYouTubeやブログでご紹介しているのですが、韓国旅行に関するお問い合わせ・ご質問が500件以上頂いております。

たくさんの方が悩まれていることを体感しておりますので、今回、もっとわかりやすくご紹介したく、韓国旅行の流れをまとめましたので、これを見れば韓国旅行に行ける!ようになると思いますので、ぜひ最後までごらんください。

 

【ビザ申請の方】韓国旅行のためのビザを大使館・各領事館で申請

韓国旅行に行くためにはビザが必要です。ビザを申請するための方法を動画でご紹介しておりますので、こちらをご覧ください。

 

大使館・各領事館サイト一覧

大使館・領事館ごとに申請方法が異なる場合がございますので、詳しくは以下のサイトにてご確認くださいませ。
駐日本国大韓民国大使館
駐札幌大韓民国総領事館
駐仙台大韓民国総領事館
駐新潟大韓民国総領事館
駐横浜大韓民国総領事館
駐名古屋大韓民国総領事館
駐神戸大韓民国総領事館
駐大阪大韓民国総領事館
駐広島大韓民国総領事館
駐福岡大韓民国総領事館

 

【ノービザの方】K-ETAの申請(出国72時間より前に申請)

2022年9月時点で、韓国政府からの発表で10月末まで日本国籍の方はビザを申請せずとも、ノービザで韓国旅行が可能となっております。ノービザで韓国旅行に行こうと思っている方は、K-ETAの申請が必要です。出国予定の72時間より前に、事前に申請しなければ出国までに審査がおりない場合はあるので、ちゃんと前もって申請しましょう。

 

K-ETAの申請方法

詳しくはブログ・YouTubeでご紹介しておりますのでこちらをご覧ください。

 

 

日本出国前にQ-CODEの登録

韓国に入国をスムーズにするために、事前にQ-CODEを登録しておくと便利かと思います。こちらは事前登録しなくても韓国に入国可能ですが、韓国に到着後、健康状態などいろいろな記載を空港でしなければならず、Q-CODEを事前に登録している方よりも、入国に時間がかかってしまうかと思います。なので、Q-CODEを登録しておくとスムーズに韓国に入国することができますので、事前に登録しておくことがおすすめです!

 

Q-CODEの登録方法

詳しくはブログ・YouTubeでご紹介しておりますのでこちらをご覧ください。

 

 

【必須】韓国入国後1日以内のPCR検査

韓国入国後は、コロナに感染をしていないかを確認するためのPCR検査が必須となっております。この1日以内というのは、入国した次の日までということなので、入国してから翌日に受けてもいいのですが、感染を広げないためにも、入国後すぐにPCR検査をうけることをおすすめします。

また、仁川国際空港・チェジュ国際空港・金海国際空港から韓国に入国されるかたは、空港でのPCR検査を強く勧められていますので、空港でPCR検査を受けるようにしましょう。

 

仁川空港でのPCR検査予約方法

詳しくはブログ・YouTubeでご紹介しておりますのでこちらをご覧ください。

 

 

【必須】PCR検査結果をQ-CODEに登録

韓国入国後にPCR検査を受け、陰性の結果が出た場合、Q-CODEに登録する必要があります。韓国がしっかりと韓国入国者のコロナ感染の確認・把握をするために必要なこととなっておりますので、こちらは絶対に登録してください。

 

Q-CODEにPCR検査結果を登録する方法

詳しくはブログ・YouTubeでご紹介しておりますのでこちらをご覧ください。

 

 

ワクチン3回接種証明書の準備

ワクチンを3回接種済みの方はワクチン接種証明書をご準備してMySOSアプリに登録すれば、出国72時間前のPCR検査結果の証明書を準備する必要がなくなりますので、帰国用のPCR検査を受けなくてよくなります。ワクチン接種証明書は厚生労働省のサイト等をご確認いただきご準備いただければと思います。(僕は韓国で3回目を打ったので日本の証明書の方法がわかっておりません。。。)

 

 

MySOSアプリの登録(韓国出国6時間より前に登録)

そして日本入国のために、MySOSアプリの事前登録をしましょう。韓国出国する6時間より前に登録を済ませておくと良いと思います。僕は飛行機に乗る直前にしたため、MySOSアプリを全て登録できませんでした。ただ、日本に到着後、空港で職員さんの質問に答えながら、登録すれば問題なく日本に入国することができます。事前に登録するか、空港で職員さんと一緒に登録するかの違いですので、慌てて登録しなくても大丈夫です。

ただ、チェックインカウンターで日本入国のために陰性証明書を持っているか、ワクチン接種証明書を持っているかの確認をされ、準備できていない方は搭乗することができませんのでアプリの準備ができなかった方は、書類の準備をしっかりしておきましょう。

MySOSアプリの詳細は日本語サイトがありますので、僕のブログやYouTubeで紹介しておりません。詳しくは以下のページをご覧ください。

 

 

もしコロナに感染してしまったら

韓国入国後のPCR検査や、出国用のPCR検査の際に、陽性となりコロナに感染してしまった場合、7日間の隔離となります。詳しい説明は難しいのですが、韓国の保健所等の指示に従ってください。またわからないことがあれば、保健所に連絡したり、日本大使館等に連絡をしてわからないことを確認してくださいませ。

おおまかな流れはYouTubeでご紹介しておりますのでよかったらこちらをご覧ください。

 

コロナに対応した海外旅行保険は絶対入ろう

本当にいつコロナに感染してもおかしくない状況ではありますので、絶対に海外旅行保険でコロナに対応したものを選択して、加入をしておきましょう。これは絶対です!

僕は楽天カードの海外旅行保険でいつもまかなっております。YouTubeでご紹介しておりますのでよかったらこちらをご覧ください。

 

隔離が終わったけどまだ陽性となる場合は「領事レター」の発行

隔離を終えて、日本に帰国したいけど、ワクチン接種が3回終えておらず、PCR検査を受けたけど「陽性」となってしまい、帰国できない状況となってしまった場合は、領事レターと取得して、こちらが用意できれば日本に帰国することができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

以上が韓国旅行の流れとなります。十分に気をつけて、事前準備を忘れずに韓国旅行を楽しんできてくださいませ!

スポンサードリンク
いいね!と思ったら
フォロー・登録をお願いします

最新情報をお届けします

comment 皆様のコメントお待ちしております

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは非公開です。本人確認のためにご入力をお願いします。*

※コメントはすぐに公開されません。
※HTMLタグと属性は使用できません。