本場韓国のサムギョプサルの美味しい食べ方

  • 公開日 : 2015年12月26日
  • 更新日 : 2016年07月23日

韓国で仕事していた時も、上司などから韓国にいるんだから韓国の食べ方で食べなきゃね!とよく言われ、ビビンバには日本の倍の量のコチュジャンを入れられ、スンデクではスープの中にご飯を入れ、調味料と混ぜで食べなきゃだめだよ!と言われ食べていました。ㅋㅋㅋ
 
サムギョプサルも焼いた豚肉をサンチュで包むということぐらいしか知りませんでしたので、彼女や会社の方にいろいろ教えてもらいました。
 
教えてもらった感想は、「テーブルに出たものは、なんでも包め!」ですね!ㅋㅋㅋ
 
 
 

サムギョプサルとは?

サムギョプサルは、日本語で三枚肉。料理名として一般的には豚バラの焼き肉の事ですね。

  • 삼겹살
  • ギョ
  • 三枚肉

 
韓国に行ったら、まず食べたい料理の一つですね!
 
肉をただ包むだけではなく、韓国の方が食べてる食べ方をご紹介します。
 

スポンサードリンク

 

韓国人が食べるサムギョプサルの食べ方

鉄板で焼く姿が韓国っぽいイメージもありますが、今私の一番お気に入りのサムギョプサル屋さんは炭火焼きのサムギョプサル!
備長炭のような炭で焼くお肉はやっぱり味が違います♪
 

1.いい感じの焦げ目がつくまで、お肉を焼く

 
私が行ったどのサムギョプサル屋さんも、店員さんが焼いてくれるので、自分で焼くことはあまりないと思いますが、忙しくて店員さんも忘れてしまうこともありますので、自分たちで焼き加減を判断しましょう!
サムギョプサル - お肉を焼く001
 
ドーンと置かれた分厚い豚バラ肉!
切られて出てくるより、分厚いまま出されると迫力があっていいですよね♪
 
いい頃合いで裏返すとこんな感じ。
サムギョプサル - お肉を焼く002
 
写真を見てもよだれが出てきます。ㅋㅋㅋ
 
 
 

2.ニンニク・キムチを焼く

 
ここで店員さんがハサミで小分けに切り分けてくれます♪
サムギョプサル - お肉を焼く003
 
このくらいの時に、ニンニクも一緒に焼きましょう。
鉄板のお店ではキムチも一緒に焼くお店もありましたが、今回はニンニクだけ焼いてます。
 
ここからは自分たちの判断で好きな焼き加減に調整します。
両面このくらいの焼き加減になったら、ちょうど食べごろでしょうか。美味そうですよね!
 
サムギョプサル - お肉を焼く004
 
 
 

3.焼いたお肉にお好みの味を付ける

 
焼いたお肉に、好きな味を付けます。
好きな味を付ける
 
一般的な味付けは、塩、韓国味噌だれ、玉ねぎタレでしょうか。
は、お肉に合う一番の調味料な気がします。(個人的な見解です。)ステーキなどは塩のみで食べるのが最高ですからね。
韓国味噌だれは、コチュジャンやサムジャン(쌈장)といった肉や野菜になどに付けて食べると美味しい味噌です。そのお店特性のタレだったりするので、美味しいタレを出すお店を探すのもいいですね。
玉ねぎのタレは、あっさりしてお肉との相性バッチリ♪タレに付けて、玉ねぎと一緒に食べても最高です。
 
どれを付けてもいいので、全部試してお好みの味を探しましょう。
今回は、韓国味噌だれのサムジャン(쌈장)をつけます。
 
サムギョプサルに合う韓国の味噌だれ쌈장 サムジャン
 
 
 

4.サンチュの上にお肉をのせる

 
タレをつけたら、サンチュの上にのせます。
サンチュの上に焼いたお肉をのせる
 
お肉をサンチュの上にのせた後に、コチュジャンや、サムジャンをつけたりしてもいいです。
 
また、サンチュでなくてもお店で出てくる大葉など葉っぱ類でしたら何でもいいです。
会社で食べた時は、スイスチャード(不断草 フダンソウ)で包んで頂きました♪
 
 
 

5.キムチをのせる

 
どの順番でも良いのですが、まずはキムチからのせました。
焼いてあっても、焼いてなくてもいいです。
キムチをのせる
 
 
 

6.青唐辛子をのせる

 
辛いのが苦手な方は、のせなくてもいいと思いますが、そのまま食べてもそんなに辛くない青唐辛子ですので、挑戦してみてもいいと思います。
青唐辛子 コチュ
 
この青唐辛子を適量、手でちぎってのせます。
青唐辛子をサンチュの上にのせる
 
 
 

7.焼いたニンニクをのせる

 
焼いたニンニクをのせます。
焼いたニンニクをのせます。
 
韓国料理を食べるときに口臭は気にしてはいけません。
韓国料理の味の肝は、にんにくごま油と聞いたことがあります。
 
韓国を満喫するのならニンニク丸ごと一粒、豪快にいっちゃいましょう!ㅋㅋㅋ
 
 
 

8.ご飯をのせる

 
次にご飯をのせます。
ご飯をのせます。
 
はじめて食べた時はご飯ものせるの?!とビックリしましたが、包めるならテーブルに出ているものは何でものせていいと思います。
それが韓流です!ㅋㅋㅋ(使い方間違ってるかな?ㅋㅋㅋ)
 
 
 

9.サンチュですべてを包む

 
最後にサンチュで包んで完成です!
サンチュで包んで、サムギョプサルの完成
 
これで口いっぱいに広げて頬張るのが、サムギョプサルの食べ方です。
 
 
また、仲間なら自分で作って相手に食べさせてあげるのも韓国の習慣のようです。
ぜひ一口じゃ食べれないくらい包んで、食べさせてあげましょう♪ㅋㅋㅋ
 
 
 

いろいろなサムギョプサル

 
韓国ではいろいろな味付けをしたサムギョプサルが人気のようで、
ワインやカレーなどに漬け込んだサムギョプサル
ワインや、高麗人参、ニンニク等に漬け込んだものや、
 
竹の中に特性のタレと一緒に漬け込んだサムギョプサルもありました。
竹の中にサムギョプサル
 
竹の中にサムギョプサル2
これも美味しかったです♪
 
韓国に行きましたら、是非韓国の食べ方でサムギョプサルを召し上がってみてくださいませ〜♪
 
サムギョプサル

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※2015年12月31日にURLを変更した為、SNSボタンの数はリセットされております。
旧URLでシェアやリツイート等していただいた場合、新URLにリダイレクトされます。ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

ご飯をのせます。

ハングルノートの記事を
いいねと思ったら

最新情報をお届けします

ツイッターでも最新情報配信中

LINE@の友だち募集中

友だち追加

あわせて読んでいただいている記事


TOP