ハングルの文型「〜고」の「〜て、〜して」

  • 公開日 : 2014年02月25日
  • 更新日 : 2016年01月03日
スポンサードリンク

文を作る時によく出てくる接続助詞の「〜고」の「〜て」や「〜して」を勉強したいと思います。

 
日本語の「〜て」、「〜して」に変わる韓国語は「〜고」の他に「〜아」、「〜어서」があるようですが、今回は「〜고」の勉強をしました。
 
 

スポンサードリンク

韓国語の「〜고」の使用例

「〜고」は、動詞や形容詞、名詞の後に「住む(살다)「〜て(고)「います。(있습니다.)のようにつけますが、語幹の後につける為、住むの「다」をとり、「住んで(살고)のようになります。
 
※語幹とは基本の形から「다」を取った言葉をいいます。
 

  • 서울에
  • 살고
  • 있습니다.
  • ソウレ
  • サルゴ
  • イッスムミダ.
  • ソウルに
  • 住んで
  • います。

 
他の使用例もご紹介します。
 

  • 청소하고
  • 있습니다
  • パン
  • チョンソハゴ
  • イッスムミダ.
  • 部屋の
  • 掃除をして
  • います。
  • 블로그를
  • 만들고
  • 있습니다
  • ブログルル
  • マングルゴ
  • イッスムミダ.
  • ブログを
  • 書いて
  • います。
  • 웹디자인 일을
  • 하고
  • 있습니다
  • ウェブデジャイン イルル
  • ハゴ
  • イッスムミダ.
  • WEBデザイナーを
  • して
  • います。

 
 
ん〜、分かったような、分かっていないような感じですが、とりあえず「다」を「고」に変えればよさそうですね!
ただ、じゃぁ「〜아」、「〜어서」はどんな時に使うのか疑問が残ったので、また書きます!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このハングルノートを書いた人

加藤仁士

카토 히토시 加藤 仁士 32歳

韓国語を勉強中の韓国ブロガー。
日本で出会った彼女(韓国人)を追いかけ渡韓。韓国の日常や韓国企業で働いた経験をブログ「ハングルノート(月間60万PV)」で配信中。

ハングルノートの記事を
いいねと思ったら

最新情報をお届けします

ツイッターでも最新情報配信中

LINE@の友だち募集中

友だち追加

あわせて読んでいただいている記事


TOP